© Institute for Family Functioning

ごあいさつ 家族機能研究所代表 斎藤 学

 
斎藤 学 略歴
1941年東京都生まれ。1967年慶應義塾大学医学部卒。同大助手、フランス政府給費留学生、国立療養所久里浜病院精神科医長、東京都精神医学総合研究所副参事研究員(社会病理研究部門主任)などを経て、1995年9月より、家族機能研究所代表。
 医療法人社団學風会さいとうクリニック理事長。医学博士。日本嗜癖行動学会理事長、同学会誌「アディクションと家族」編集主幹。日本子どもの虐待防止学会名誉顧問。日本トラウマ・サバイバーズ・ユニオン(通称:JUST)理事長。
 ”現代の病”ともいえる過食-拒食症、アルコール・薬物・ギャンブルなどの嗜癖(依存症)問題に長年取り組む。AKK(アディクションを考える会)、NABA(日本アノレキシア・ブリミア協会)、JUST(日本トラウマサバイバーズユニオン)など多くの自助グループ・団体の誕生を支援。現在も、臨床のかたわら、全国各地で講演活動やワークショップを行う。


家族機能研究所ホームページにようこそ
当研究所は、家族機能の不全に由来する各種の問題や心のトラブルに対し、問題解決と癒しをはかるための方法を研究し、臨床の場に役立たせるとともに、教育・啓蒙を進めることを目的としています。医療ケアは、同じく医療法人學風会・さいとうクリニックで行っております。受診に関するお問い合わせは、さいとうクリニックまでお願いいたします。

家族機能研究所の具体的な目的は、配偶者の暴力・児童虐待・思春期の対親暴力をはじめとする家族内問題、登校拒否・出社拒否などの学校内・職場内適応不全、薬物乱用、過食・拒食症などの問題行動、アルコール依存症、ギャンブル依存症などの依存症、各種の夫婦間・職場内葛藤やそれらに由来する情緒的・身体的不調(無気力、抑うつ、心身症症状)を調査・研究対象としています。これらの障害はいずれも対人関係の歪みに基盤を持つものであり、各人の対人関係はそれぞれ生育した家族内の人間関係の影響を受けます。私たちがこの機関を「家族機能に関する研究所」と呼ぶのは、このように考えるためです。

上に挙げたような問題への対処に際しては、従来からの精神療法的、精神医学的治療のうち有効なものを活用することはもちろん、問題に悩む人々が自らの回復と自己成長を目的として集まるセルフヘルプ(自助)活動とも積極的に連携していかなければならないと考えます。これら地域の自助的集団の援助と人的交流もまた、当研究所の目的とするところです。

また
児童診療部併設により児童〜思春期におけるいじめ・不登校・ひきこもり・非行・暴力などの問題行動、児童虐待に対しても本人ならびに親に対するアプローチを行っています。これらの障害に対しても従来通り家族の問題として取り扱い、親子さらには家族内の人間関係の調整とともに問題解決が出来るようになりました。

このホームページの目的
家族機能研究所は、医療法人社団學風会のもとにある非営利組織です。
臨床研究のみならず、医療・福祉・法律・政治など多岐にわたる専門家の皆様との連携を図りながら、研究のための研究ではなく、実践をともなった調査・研究を行いたいと考えております。このホームページでは、そのために必要な情報を提供し、知の情報交流を行うことを目的としております。
これまで、家族機能研究所が行ってきた調査・研究の情報量は、膨大なものではありませんが、わが国における嗜癖研究・家族機能研究を牽引してきたという自負があります。その情報を皆様のお役に立てることができれば幸いです。
日本国内にとどまらず、海外の専門家・研究者たちとともに研鑽を積むことができればと切に願っております。どうぞ躊躇なさらずに、メールをお寄せいただければと思います。私たちは皆様からのアプローチをお待ちしております。
なお、心のトラブルを抱える人たちのための情報提供、情報交流の場として、(株)IFFのホームページが用意されております。こちらもどうぞご利用ください。

家族機能研究所の取り組み
◆1995年 東京都港区麻布十番に家族機能研究所設立
◆1997年 9月 研究所紀要第1号を発行
◆1997年 9月10日 法と精神医学研究会主催 講師:三嶋健 弁護士 テーマ:共依存の理論は加害者にも適応可能か
◆1997年 9月28日 家族機能研究所設立二周年記念報告会 於:国際文化会館
◆1997年10月 5日 第8回日本嗜癖行動学会・公開シンポジウム
講師:ジュディス・ハーマンM.D. ベッセル・ヴァン=デア=コークM.D. 斎藤学 西尾和美
テーマ:「児童虐待とその心的後遺症」 於・虎ノ門ホール
◆1997年10月20日 セクシュアリティ研究会 講師:平川和子(東京フェミニスト・セラピィ・センター)
テーマ:フェミニストセラピーは「パワー分析と治療」というジレンマを越えることができるか?
     〜addictionとalternative storyの創造〜
◆1997年10月31日 研究会 講師:山本健一(東京都精神医学総合研究所) テーマ:青斑核症候群について
◆1997年11月17日 法と精神医学研究会 ケーススタディ
◆1997年12月 8日 セクシュアリティ研究会 講師:波田あい子(家族機能研究所)
テーマ:ドメスティック・バイオレンス(夫・パートナーからの暴力)
     〜日本の現状・東京都の調査報告を中心に〜
◆1998年 1月19日 法と精神医学研究会 ケーススタディ
◆1998年 1月25日 家族機能研究所講演会「サバイバーからスライバーへ」  講師:斎藤学 於・虎ノ門ホール
◆1998年 2月 2日 セクシュアリティ研究会 講師:野村直樹(名古屋市立大学) 野口裕二(東京学芸大学)
テーマ:マクナミー・ガーデン編『ナラティブ・セラピー−社会構成主義の実践』
◆1998年 3月30日 セクシュアリティ研究会 講師:妹尾栄一(東京都精神医学総合研究所)
テーマ:トラウマ・性差の視点からみた青年期薬物乱用の実態
◆1998年 4月 6日 法と精神医学研究会 講師:斎藤学 
テーマ:子どもを虐待する母たち−その臨床像と精神病理−
◆1998年 5月18日 法と精神医学研究会 ケーススタディ
◆1998年 5月25日 臨床社会学研究会 講師:三橋順子 テーマ:幼児性虐待の臨床
◆1998年 7月 8日 研究会 講師:吉本武史(ヒューマン・グロウス・センター) テーマ:催眠療法T
◆1998年 7月13日 臨床社会学研究会 講師:波田あい子 上野千鶴子(東京大学) 斎藤学
テーマ:フェミニズムと臨床
◆1998年 7月22日 研究会 講師:吉本武史(ヒューマン・グロウス・センター) テーマ:催眠療法U
◆1998年 8月 3日 法と精神医学研究会 講師:木下淳博弁護士 テーマ:家族治療における法律家の役割
◆1998年 8月17日 法と精神医学研究会 ケーススタディ
◆1998年 8月31日 臨床社会学研究会
講師:野村直樹(名古屋市立大学) 小森康永(四日市日永病院) 森岡正芳(奈良女子大学)
テーマ:ナラティブ・セラピーの世界:その実践・隣接領域・姿勢
◆1998年9月 研究所紀要第2号を発行
◆1998年 9月13日 家族機能研究所設立3周年記念報告会 於・国際文化会館
◆1998年10月 5日 研究会 講師:中村俊規(獨協大学) テーマ:前頭葉機能の神経生理学的検査の現状
◆1998年10月26日 法と精神医学研究会 ケーススタディ(Closed)
◆1998年11月 2日 サンフランシスコ・ワークショップ研修報告
◆1998年11月11日 研究会 講師:吉本武史(ヒューマン・グロウス・センター) テーマ:催眠療法
◆1998年11月25日 研究会 講師:吉本武史(ヒューマン・グロウス・センター) テーマ:催眠療法
◆1998年11月27日 IFF研究会 講師:Kenneth Haleケネス・ヘイル
テーマ:マザー・ヘイル・ハウスの活動について
−共同創立者Dr.ケネス・ヘイルにきく米国麻薬防止対策の現状
◆1998年12月 2日 IFF研究会 講師:Peter J.Adasekピーター・J・アダセック(小児科医・ISPCANメンバー)
テーマ:児童虐待−いかに診断・判定するか−
◆1998年12月 9日 研究会 講師:吉本武史(ヒューマン・グロウス・センター) テーマ:催眠療法
◆1998年12月14日 臨床社会学研究会 
講師:山田富秋(京都精華大学・社会学) コメンテーター:野口裕二(東京学芸大学・社会学) 
テーマ:エスノメソドロジィから見たナラティブセラピー
◆1998年12月21日 法と精神医学研究会 ケーススタディ(Closed)
◆1999年 1月31日 サバイバーズ・フォーラム'99 於・中央区立中央会館
◆1999年 2月15日 研究会 講師:中久喜雅文(東京サイコセラピーセンター) テーマ:DID症例研究1
◆1999年 3月 1日 法と精神医学研究会 講師:磯谷文明(くれたけ法律事務所・弁護士)(Open)
テーマ:子どもの虐待ケースへの立ち入り調査権の実施をめぐる現状と問題点について
◆1999年 3月 8日 臨床社会学研究会 講師:江口重幸(東京武蔵野病院・精神科医)
コメンテーター:野村直樹(名古屋市立大学・文化人類学)
テーマ:精神医療へのナラティブ・アプローチ −医療人類学におけるナラティブを中心に−
◆1999年 3月15日 研究会 講師:中久喜雅文(東京サイコセラピーセンター) テーマ:DID症例研究2
◆1999年 3月24日 法と精神医学研究会 ケーススタディ(Closed)
◆1999年 4月 5日 法と精神医学研究会 講師:小西聖子(武蔵野女子大学人間科学部教授)
テーマ:犯罪被害者相談室の活動現況−被害者カウンセリングの現状と課題−
◆1999年 4月12日 英文文献抄読会
◆1999年 5月17日 研究会 講師:中久喜雅文(東京サイコセラピーセンター) テーマ:DID症例研究3
◆1999年 5月24日 法と精神医学研究会 ケーススタディ(Closed)
◆1999年 6月14日 IFF研究会 講師:小田晋(国際医療福祉大学・教授)
テーマ:神戸小学生連続殺傷事件「少年A」をめぐって
◆1999年 6月21日 IFF研究会 講師:八木剛平(慶応義塾大学精神神経科・助教授)
テーマ:向精神薬療法の基本問題 −脳の治療か心の治療か−
◆1999年 7月12日 研究会 講師:中久喜雅文(東京サイコセラピーセンター) テーマ:DID症例研究4
◆1999年 7月26日 法と精神医学研究会 ケーススタディ(Closed)
◆1999年 8月 2日 IFF研究会 講師:佐野眞一(ノンフィクション作家) テーマ:ルポタージュ「東電OL殺人事件」
◆1999年 9月12日 家族機能研究所設立4周年記念報告会 於:国際文化会館
◆1999年 9月20日 IFF研究会 講師:正高信男(京都大学霊長類研究所・助教授)
テーマ:育児文化の創出と人類の攻撃性
◆1999年 9月27日 法と精神医学研究会 ケーススタディ(Closed)
◆1999年10月 4日 IFF研究会 講師:野村総一郎(防衛医科大学精神神経科・教授)
テーマ:動物モデルからみた精神科治療〜うつ病を中心に〜
◆1999年11月 1日 IFF研究会 講師:藤本由香里(筑摩書房編集部)
テーマ:私の分身・私の居場所−少女マンガの中のもう一人の私−
◆1999年11月15日 IFF研究会 講師:伊藤芳郎(クレスト法律事務所・弁護士)
テーマ:非行少年と家族
◆1999年11月22日 法と精神医学研究会 ケーススタディ(Closed)
◆2000年 1月23日 サバイバーズ・フォーラム2000 於:中央区立中央会館
◆2000年 1月24日 IFF研究会 講師:なだいなだ(精神科医)
テーマ:アルコール依存とアルコール問題
◆2000年 2月21日 法と精神医学研究会 ケーススタディ(Closed)
◆2000年 3月 6日 iFF研究会 講師:林竣一郎(林心理社会ストレス研究所所長・精神科医)
テーマ:ストレスとコーピング−概念と臨床例−
◆2000年 4月10日 法と精神医学研究会 ケーススタディ(Closed)
◆2000年 6月 5日 法と精神医学研究会 ケーススタディ(Closed)
◆2000年 8月 7日 法と精神医学研究会 ケーススタディ(Closed)
◆2000年 9月10日 家族機能研究所設立5周年記念報告会 於:国際文化会館
◆2000年 9月11日 法と精神医学研究会 ケーススタディ(Closed)
◆2000年10月23日 法と精神医学研究会 ケーススタディ(Closed)
◆2000年12月 4日 法と精神医学研究会 ケーススタディ(Closed)
◆2001年 1月22日 IFF研究会 講師:和田清(国立精神・神経センター精神保健研究所・薬物依存研究部)
テーマ:薬物乱用状況の国際比較とHarm Reduction
◆2001年 2月 4日 サバイバーズ・フォーラム2001(協力)
「シンデレラ物語の裏側−東電OL殺人事件を読み解く−」 於:すみだリバーサイドホール
◆2001年 2月19日 法と精神医学研究会 ケーススタディ(Closed)
◆2001年 4月17日 IFF研究会 講師:中島節夫(ゆたかクリニック付属催眠ストレス研究所 所長
テーマ:精神療法における催眠技法 
◆2001年 4月23日 法と精神医学研究会 ケーススタディ(Closed)
◆2001年 7月 2日 法と精神医学研究会 ケーススタディ(Closed)
◆2001年 7月10日 IFF研究会 講師:中島節夫(ゆたかクリニック付属催眠ストレス研究所 所長
テーマ:精神療法における催眠技法 その2
◆2001年 9月11日 法と精神医学研究会 ケーススタディ(Closed)
◆2001年11月26日 法と精神医学研究会 ケーススタディ(Closed)
◆2001年11月26日 IFF研究会 講師:浅井昌弘(慶應義塾大学教授・日本橋学館大学教授)
テーマ:ストレスの成り立ちとライフステージをめぐって
◆2002年 1月27日 JUSTサバイバーズ・フォーラム2002(協力)
「バタラーはどこにいるか?殴る男のなおしかた 於:中央区立中央会館
◆2002年 3月15日 法と精神医学研究会(Open)講師:太田真弓(さいとうクリニック)
テーマ:親権に関わる問題への社会的対応と家庭裁判所の役割〜性虐待被害児の裁判事例を通して〜
 
◆2002年 7月 1日 法と精神医学研究会 ケーススタディ(Closed)
◆2002年 9月 2日 法と精神医学研究会 ケーススタディ(Closed)
◆2002年 9月22日 日本嗜癖行動学会主催・家族機能研究所協力 講演と症例検討会「PTSDの診断と治療」
Bessel A.van der Kolk,M.D(ボストン大学メディカルスクール教授)、中村俊規、斎藤学 於:国際文化会館
◆2002年11月 9日 法と精神医学研究会(Open)講師:岩城正光(弁護士)・林弘正(清和大学教授)
司会:斎藤学 テーマ:児童虐待防止法の見直しに向けて
◆2002年12月 2日 法と精神医学研究会 ケーススタディ(Closed)
◆2003年1月20 日 法と精神医学研究会 ケーススタディ(Closed)
◆2003年3月17 日 法と精神医学研究会 ケーススタディ(Closed)
◆2003年4月21 日 法と精神医学研究会 ケーススタディ(Closed)
◆2003年7月 7 日 法と精神医学研究会 ケーススタディ(Closed)
◆2003年7月13 日
法と精神医学研究会(Open)話題提供者:斎藤 誠 (DV法改正案の進行状況) 妹尾 栄一内閣府プロジェクトの動きから)バタラー体験者(加害者の立場から)福島 瑞穂 (立法府<参議院議員>の立場から)斎藤 学(加害者治療の現状)
司会:斎藤学 テーマ:DV加害者治療の現状
◆2003年8月8日 IFF研究会 講師:樋口進(国立療養所久里浜病院・臨床研究部長)
テーマ:アルコールと遺伝-アルコール代謝酵素の遺伝的多型とその意義
-
◆2003年9月29日 法と精神医学研究会 ケーススタディ(Closed)
◆2004年3月29日 法と精神医学研究会 ケーススタディ(Closed)
◆2004年5月31日 法と精神医学研究会 ケーススタディ(Closed)
◆2004年6月 研究所紀要第7号を発行
◆2004年6月30日 IFF研究会 講師:佐藤喜一郎(北里大学医学部助教授・北里大学精神科科長)
テーマ:成人期のアスペルガー症候群とADHD -家族の中の2人以上のアスペルガー症候群とADHD-
◆2004年11月22日 法と精神医学研究会 ケーススタディ(Closed)
◆2005年 1月24日 法と精神医学研究会 ケーススタディ(Closed)
◆2005年 4月 4日 法と精神医学研究会 ケーススタディ(Closed)
◆2005年 6月13日 法と精神医学研究会 ケーススタディ(Closed)
◆2005年 8月1日 法と精神医学研究会 ケーススタディ(Closed)
◆2005年10月17日 法と精神医学研究会 ケーススタディ(Closed)
◆2005年12月19日 法と精神医学研究会 ケーススタディ(Closed)
◆2006年2月20日 法と精神医学研究会 ケーススタディ(Closed)
◆2006年4月17日 法と精神医学研究会 ケーススタディ(Closed)

家族機能研究所